お問い合わせ サイトマップ
大阪大学中之島センター
「平成の適塾・懐徳堂」として地域の発展に寄与し、さらに世界文化に貢献する知的情報の発信と交流のフロンティアを目指します。
施設案内・予約案内
ご利用にあたって
特免
予約状況
予約申し込み
臨時託児室
施設案内
News
お支払いについて
公開講座とイベントのご案内
アクセスマップ
お問いわせ
よくある質問(FAQ)
ダウンロード
リンク集
スタッフ
サービス案内
TV会議システムについて
大阪大学の方へ
中之島センターについて
将来のビジョン
主な機能と事業
ご挨拶
施設の紹介
イベント
大阪大学中之島センターでは、教育プログラムをはじめ、さまざまなイベントを行っています。

2004年10月からは、朝日カルチャーセンターとの共同事業で「Handai-Asahi 中之島塾」を発足させました。大阪大学が取り組んでいるユニークな研究の成果をわかりやすく紹介します。

ご興味のある方は、是非ご参加ください。
 
※一部、参加者を限定させていただくものもございますので、予めご了承下さい。

中之島センターで配布しております公開講座のチラシについては
こちらからダウンロードできます。

施設利用月  (HP)
日付施設名名称詳細
10/01
(日)
講義室304(102名)デンマーク現代社会事情と留学セミナー
10/04
(水)
講義室702(60名)大学技術移転協議会「WIPOカウンセラーによるPCTセミナー」
10/06
(金)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名)ダヴィンチミュージアムネットワーク 講演会
10/07
(土)
講義室702(60名)「かなしみぽすと」公開講座(1)2017年度 かなしみぽすと
3回連続講座
かなしみとともに生きる社会へ

第1回 10月 7日(土)
14時〜16時 講義室702
「老いとともに生きる」

第2回 10月14日(土)
14時〜16時 講義室702
「病いとともに生きる」

第3回 10月21日(土)
10時〜12時 講義室507
「死を見つめて生きる」

講師:
浜渦 辰二
大阪大学大学院
文学研究科 臨床哲学・倫理学 教授

※本企画は「公益財団法人JR 西日本あんしん社会財団」の助成金を受けて実施しています。


◆主催: かなしみぽすと
◆協賛: 大阪大学「ケアの臨床哲学」研究会
◆後援: 社会福祉法人 大阪ボランティア協会
◆定員: 50 名  ※申込み受付順 
◆参加費: 全3 回で1000 円(資料代として)
◆お問合せ: かなしみぽすと
E-Mail: kanashimi.post@gmail.com
◆詳細・お申込はHP をご覧ください。
かなしみぽすと
10/08
(日)
講義室201(54名) 他モンゴル研究会10月例会モンゴル研究会10 月例会
夏の調査の報告会

羊毛フェルトのワークショップ
(お子さんも一緒にご参加ください)

2017 年夏の調査報告@ 
(参加者みんな夏の報告をします。飛び入りOK)

2017 年夏の調査報告A 
スライドを使って、夏の報告をします。

◆お問合せ:
今岡良子
imaoka@lang.osaka-u.ac.jp
mail@mongolkenkyukai.jp
◆モンゴル研究会HP
http://mongolkenkyukai.jp/
10/10
(火)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名) 他DMOシンポジウム
10/11
(水)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名)平成29年度地震予知研究公開講演会関西サイエンス・フォーラム
平成29年度地震予知研究公開講演会

「地震予知研究の現状と将来」
〜今後の防災対策への活用〜

「大規模地震の予測と減災に向けて
−地震火山庁設置および地震火山予報士制度化の提言−」
尾池和夫
(京都造形芸術大学 学長)

「大震法における減災の視点と課題」
岩田孝仁
(静岡大学 防災総合センター長・教授)

「南海トラフ巨大地震に備えて−地震予測研究の推進−」
金田義行
(香川大学 四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構副機構長・特任教授)

「東日本大震災以降の地震先行現象研究の進展」
長尾年恭
(東海大学海洋研究所、地震予知・火山津波研究部門長・教授)

「大地震前に現れる電離層異常とそのシミュレーション」
山中千博
(大阪大学大学院 理学研究科 准教授)

◆定員: 100名(定員になり次第締め切り)
◆参加費: 無料(要申込)
◆申込方法: お名前、所属、役職名、電話、e-mail をメールまたはFAX にてお知らせください。
◆お問合せ・申込先:
電話 06-6444-3777
FAX 06-6441-1030
メール ksf@kansaidoyukai.or.jp 吉田・辻・兼子
10/14
(土)
講義室702(60名)「かなしみぽすと」公開講座(2)2017年度 かなしみぽすと
3回連続講座
かなしみとともに生きる社会へ

第1回 10月 7日(土)
14時〜16時 講義室702
「老いとともに生きる」

第2回 10月14日(土)
14時〜16時 講義室702
「病いとともに生きる」

第3回 10月21日(土)
10時〜12時 講義室507
「死を見つめて生きる」

講師:
浜渦 辰二
大阪大学大学院
文学研究科 臨床哲学・倫理学 教授

※本企画は「公益財団法人JR 西日本あんしん社会財団」の助成金を受けて実施しています。


◆主催: かなしみぽすと
◆協賛: 大阪大学「ケアの臨床哲学」研究会
◆後援: 社会福祉法人 大阪ボランティア協会
◆定員: 50 名  ※申込み受付順 
◆参加費: 全3 回で1000 円(資料代として)
◆お問合せ: かなしみぽすと
E-Mail: kanashimi.post@gmail.com
◆詳細・お申込はHP をご覧ください。
かなしみぽすと
10/14
(土)
講義室302(42名)協働術C(道路協働プロジェクト)
10/15
(日)
多目的室605(8名)『アメリカ人の物語2』刊行記念勉強会
10/15
(日)
講義室303(42名) 他日本臨床口腔外科医会回研修会
10/16
(月)
講義室703(105名)第54回OFC講演会第54回 OFC講演会
今回のテーマは…仕掛学

問題解決のための行動デザイン
講師:
松村 真宏 教授
(大阪大学大学院経済学研究科)
◆定員:100名 ※先着順
◆受講料:無料  ※要申込
◆申込〆切:平成29年10月10日(火)必着
※定員になり次第〆切
◆申込方法 : 以下のいずれかの方法でお申込みください。
1.Eメールで申込: メールタイトルを「第54回OFC講演会参加申し込み」、本文に「ご氏名(フリガナ)」「ご住所」「お電話番号」を明記のうえ、ofc@econ.osaka-u.ac.jp宛に送付ください。
2.郵送・FAXでの申込:以下のHPにある「受講申込書」をダウンロードのうえ、OFC事務局まで郵送もしくはFAXください。
郵送→〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-7 大阪大学大学院経済学研究科・経済学部OFC事務局 宛
FAX→06-6850-5268
◆お問合せ:
大阪大学大学院経済学研究科・経済学部
オープン・ファカルティー・センター
TEL:06-6850-5259
FAX:06-6850-5268
E-Mail:ofc@econ.osaka-u.ac.jp
◆詳細はHPをご覧ください。
http://www2.econ.osaka-u.ac.jp/ofc/gyouji.html
10/16
(月)
9F 会議室2(16名) 他第6回大阪大学COIシンポジウム
10/17
(火)
講義室702(60名)情報処理学会 連続セミナー 遠隔会場
10/17
(火)
多目的室501(12名) 他大阪大学21世紀懐徳堂シンポジウム 第2回
10/17
(火)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名) 他第6回大阪大学COIシンポジウム第6回 大阪大学COI シンポジウム

“一人ひとりが潜在力を発揮、
自ら課題を克服する積極的自立社会”

セルフエンパワーメント社会の実現に向けて
〜医脳理工連携によるイノベーションへの挑戦〜

AI 作曲ミニライブ
“AIを用いた自動作曲とアーティストのコラボ”
〜フォークデュオ・ワライナキによるミニライブ〜

基調講演
「脳とプラチナ社会」
小宮山 宏 氏
(COI STREAM ガバニング委員長、(株) 三菱総合研究所理事長)

特別講演
「東大阪市が目指す子育て支援〜 COI への期待〜」
野田 義和 氏
(東大阪市長)

大阪大学COIの取り組み
「大阪大学COIの目指す姿と成果概要」
「社会実装に向けた6ユースケースの取り組み」

ポスターセッション・デモ展示
成果内容展示/体験コーナー  同センター9F 会議室1 ・2

意見交換会
同センター9F 交流サロン: SALON DE L’ AMICAL
(会費4,000 円・要事前申込)

◆主催:
大阪大学センター・オブ・イノベーション(COI) 研究推進機構
/ 金沢大学サテライト
◆協力: 大阪大学21世紀懐徳堂
◆申込方法: 下記のWEB よりお申込みください: http://www.coistream.osaka-u.ac.jp/symposium/symposium-6
◆申込締切: 10 月10 日(火) 17 : 00 (定員に達し次第、受付を終了いたします)
◆お問合せ:
大阪大学COI 企画推進室
(Phone : 06-6879-4988)
coi-kouhou@coistream.osaka-u.ac.jp
※ご参加にあたり、特別な配慮が必要な方は、事前にご連絡ください。
◆詳細はHP をご覧ください。
http://www.coistream.osaka-u.ac.jp/symposium/symposium-6
10/18
(水)
9F 会議室2(16名) 他第6回大阪大学COIシンポジウム
10/19
(木)
講義室302(42名)交通科学研究会研究討論会交通科学研究会
平成29年度研究討論会

「高齢ドライバーの運転と認知機能」

ペダル踏み間違いから考える高齢運転者の認知機能
篠原 一光 氏(大阪大学)

高齢者のエラー −運動抑制に注目して−
土田 宜明 氏
(立命館大学)

高齢者の一般道上における運転行動特性の分析
多田 昌裕 氏
(近畿大学)

◆参加費:普通会員:500円、学生会員:無料、賛助会員:会費口数の人数分無料、非会員1000円、非会員(学生):500円
◆お問合せ・参加連絡:研究討論会担当 
E-Mail: morihata@shusei.co.jp (修成建設コンサルタント 森畑正人)
◆詳細はHPをご覧ください。 
http://www.kokaken.or.jp
10/20
(金)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名) 他プロジェクトマネジメント学会関西支部平成29年秋季シンポジウム一般社団法人 プロジェクトマネジメント学会
関西支部 平成 29 年度 秋季シンポジウム
〜変化するイノベーションと情報セキュリティと共に成長するプロジェクトマネジメント〜

第1部 シンポジウム
特別講演1
「デジタル時代を乗り切る協創型イノベーション」
NTTコムウェア株式会社 代表取締役社長
栗島 聡 氏

特別講演2
「情報セキュリティのこれまでとこれから」
立命館大学 情報理工学部 教授
上原 哲太郎 氏

第2部  交流会17:30 〜 19:00
(会場:大阪大学 中之島センター 4階 講義室404 )

◆参加費:
◎シンポジウム: 会員無料、法人会員 1,000 円、一般 2,000 円、 学生 無料
◎交流会は一律 4,000 円
◆申込方法: お申込みは学会関西支部ホームページから https://www.spm-hq.jp/committee/kansai/   
事前参加申込みは、10 月19 日17:00 まで受け付けています。定員になり次第締切らせて頂きます。
◆問合せ先: 一般社団法人PM学会関西支部事務局
担当: 市田 多加雄
E-Mail: ichidat@nttdata-kansai.co.jp
◆お申込・詳細: 一般社団法人PM学会関西支部 url:
https://www.spm-hq.jp/committee/kansai/
10/20
(金)
講義室302(42名)国際離婚におけるメディエーション―子の監護をめぐる争いがある場合
10/20
(金)
講義室702(60名) 他知的財産権侵害訴訟の実務ポイントと具体的対応ワークショップ〜当事者目線に立った対応を考える〜大阪発明協会知的財産セミナー
(侵害訴訟実務シリーズA:中級〜上級)

「知的財産権侵害訴訟の実務ポイントと具体的対応ワークショップ」
〜当事者目線に立った対応を考える〜

【講 師】
三山 峻司 氏
(中之島シティ法律事務所 パートナー弁護士・弁理士)


<お問合せ先>
一般社団法人大阪発明協会
 
電話:06−6479−1926(直)
FAX :06−6479−3930
mail : kensyu@jiiiosaka.jp

詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.jiiiosaka.jp/
10/21
(土)
講義室507(72名)「かなしみぽすと」公開講座(3)2017年度 かなしみぽすと
3回連続講座
かなしみとともに生きる社会へ

第1回 10月 7日(土)
14時〜16時 講義室702
「老いとともに生きる」

第2回 10月14日(土)
14時〜16時 講義室702
「病いとともに生きる」

第3回 10月21日(土)
10時〜12時 講義室507
「死を見つめて生きる」

講師:
浜渦 辰二
大阪大学大学院
文学研究科 臨床哲学・倫理学 教授

※本企画は「公益財団法人JR 西日本あんしん社会財団」の助成金を受けて実施しています。


◆主催: かなしみぽすと
◆協賛: 大阪大学「ケアの臨床哲学」研究会
◆後援: 社会福祉法人 大阪ボランティア協会
◆定員: 50 名  ※申込み受付順 
◆参加費: 全3 回で1000 円(資料代として)
◆お問合せ: かなしみぽすと
E-Mail: kanashimi.post@gmail.com
◆詳細・お申込はHP をご覧ください。
かなしみぽすと
10/21
(土)
講義室201(54名)SAAJ近畿支部システム監査勉強会
10/21
(土)
講義室507(72名)大阪大学法律相談部 法律相談 相談室
10/22
(日)
講義室304(102名)KSCC統合的心理療法セミナー
10/24
(火)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名)第4回 建築構造用鋼材と利用技術セミナー 第4回「建築構造用鋼材と利用技術セミナー」

基調講演
神戸大学大学院 工学研究科 建築学専攻 教授
田中 剛

鉄骨造溶接部の性能評価、施工効率化に関する研究の紹介
一戸 康生
建築委員会 副委員長
(新日鐵住金梶@建材開発技術部 部長)

2017年版冷間成形角形鋼管設計
・施工マニュアル改訂のポイント&25 度狭開先ロボット溶接の適用
中川 治彦
ボックスコラム委員会 幹事
(日鐵住金建材梶@建築技術部 商品技術室長)

建研・国総研における鉄骨造建築物に関する最近の研究
長谷川 隆
国立研究開発法人 建築研究所 構造研究グループ 上席研究員

◆定員: 144 名(要申込)
◆受講料: 無料
◆建築士会CPD制度認定プログラム(3 単位)
◆お問合せ: 一般社団法人 日本鉄鋼連盟 業務部 市場開発グループ 
担当: 白鳥、並木 
電話: (03) 3669 ‐ 4815
E-Mail : sijo-kaihatsu@jisf.or.jp
◆お申込はFAX 又はWEB よりお申し込みください。
FAX : (03) 3669 ‐ 0229 担当: 小倉
お申込方法詳細はWEBをご確認ください。 
http://www.jisf.or.jp/info/event/kenchiku/index.html
10/25
(水)
多目的室605(8名)AAEMS PAPER PROJECT
10/25
(水)
多目的室607(20名)研究会
10/25
(水)
講義室301(75名)第10回適塾講座第10回適塾講座
「近世・近代の大阪と女性」

跡見花蹊
〜女性教育に尽力した大阪ゆかりの女性画家

小川 知子
(大阪新美術館建設準備室研究副主幹)

◆定員: 50名(申込先着順) 
◆修了書:全3回受講された方には、修了証書を交付いたします。
◆受講料:
【一般】4,500 円(3 回分)※1 回1,500 円 
【適塾会員】(新規入会者含む) 3,000 円(3 回分)※1 回1,000 円
◆お問合せ: 適塾記念会事務局
電話: 06-6850-5016
FAX : 06-6850-5015
E-Mail : kinenkai@tekijuku.osaka-u.ac.jp
http://www.tekijuku.osaka-u.ac.jp/
10/26
(木)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名)パラダイムシフトシンポジウム2017SIR シンポジウム
「パラダイムシフトの発想2017」

司会進行: 小西ゆかり(JEITA 関西支部事務局長)

主催者ご挨拶
講演1 : 「知財パラダイムシフト」
玉井誠一郎
(SIR 会長(兼) 理事長、元大阪大学客員教授)

講演2 : 「IPR の合憲性が米国特許実務に与える影響」
Maxwell Fox
(ジョーンズ・デイ法律事務所 知的財産プラクティス・パートナー)

講演3 : 「医療・健康分野におけるイノベーションの実現に向けて」
徳増有治
(大阪大学大学院医学系研究科特任教授、元四国経済産業局長)
船越 亮
(大阪大学大学院医学系研究科特任准教授、M/H 知財戦略室長)

講演4 : 「日本経済のプラダイムシフト: パートU」
吉田繁治
(System Research 代表)
東大仏哲学出身、
「ビジネス知識源」有料メルマガ日本一の発行者

◆入場: 無料(事前申込が必要です。) 
◆定員: 220名(定員になり次第締切)
◆申込方法: 公益社団法人 知財登録協会(SIR)
下記のホームページよりお申し込みください。
◆お問合せ: 公益社団法人 知財登録協会(SIR)
E-Mail: staff@ipbrand.org TEL: 050-5883-3564
◆詳細・お申し込みはHP をご覧ください。
http://www.ipbrand.org/
10/27
(金)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名)第12回OCHISセミナー
10/28
(土)
講義室702(60名)協働術C(道路協働プロジェクト)
10/28
(土)
講義室301(75名)大阪大学法律相談部 法律相談 検討室
10/28
(土)
多目的室607(20名)大阪大学法律相談部 法律相談 相談室
10/29
(日)
多目的室608(20名) 他FH疾患啓発研修会 大阪会場
10/29
(日)
講義室406(72名) 他学研プライムゼミLIVE東大教室[日本史]秋期講座
10/29
(日)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名) 他日本タイクラブ・公開フォーラム(日タイ修好130周年記念)日本タイクラブ
第7回公開フォーラム
タイは私をなぜ虜にしたのか?

タムブン ―庶民の願い

[ディスカッサント]
プラマハー・ソムポップ・サンパオー・リーンハラッタナラック(テープシリンタラーワート寺院僧侶)
高井康弘(大谷大学教授)
馬場雄司(京都文教大学教授)
村上忠良(大阪大学教授)
[コーディネーター・趣旨説明]
赤木 攻(日本タイクラブ代表) 


◆参加費: 2,000 円 参加費は当日お支払いください。(お土産あり)
◆お申込方法: お申込みは、住所・氏名・電話番号 を添えて、メールまたはFAX で日本タイクラブ事務局までお願いします。
◆お問合せ: 日本タイクラブ 事務局
メール: nihonthaiclub@gmail.com
FAX : 075-721-8427
◆詳細は日本タイクラブのFacebook をご覧ください。
https://www.facebook.com/nihonthaiclub/
10/31
(火)
講義室303(42名)GovHack大阪
10/31
(火)
講義室303(42名)オープンデータ情報交換会
トップページへ ページの先頭へ戻る
Copyrightc2005 Osaka University Nakanoshima Center All Rights Resereved.