お問い合わせ サイトマップ
大阪大学中之島センター
「平成の適塾・懐徳堂」として地域の発展に寄与し、さらに世界文化に貢献する知的情報の発信と交流のフロンティアを目指します。
施設案内・予約案内
ご利用にあたって
特免
予約状況
予約申し込み
臨時託児室
施設案内
News
お支払いについて
公開講座とイベントのご案内
アクセスマップ
お問いわせ
よくある質問(FAQ)
ダウンロード
リンク集
スタッフ
サービス案内
TV会議システムについて
大阪大学の方へ
中之島センターについて
将来のビジョン
主な機能と事業
ご挨拶
施設の紹介
イベント
大阪大学中之島センターでは、教育プログラムをはじめ、さまざまなイベントを行っています。

2004年10月からは、朝日カルチャーセンターとの共同事業で「Handai-Asahi 中之島塾」を発足させました。大阪大学が取り組んでいるユニークな研究の成果をわかりやすく紹介します。

ご興味のある方は、是非ご参加ください。
 
※一部、参加者を限定させていただくものもございますので、予めご了承下さい。

中之島センターで配布しております公開講座のチラシについては
こちらからダウンロードできます。

施設利用月  (HP)
日付施設名名称詳細
12/02
(金)
講義室405(36名)ワールド美術散歩 「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」見学会
12/02
(金)
講義室507(72名)米国出願クレームエディットのススメ大阪発明協会知的財産セミナー
(中級・海外編)

「米国出願クレームエディットのススメ」
〜直訳クレームからの脱却を目指して〜

【講 師】
高橋 明雄 氏 
(グローバル・アイピー東京特許業務法人
 弁理士・U.S. Patent Agent (Non-registered))


<お問合せ先>
一般社団法人大阪発明協会
 
電話:06−6479−1926(直)
FAX :06−6479−3930
mail : kensyu@jiiiosaka.jp

詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.jiiiosaka.jp/
12/03
(土)
講義室201(54名)Handai-Asahi中之島塾
12/03
(土)
608(20名)医療通訳養成コース(仮称)
12/03
(土)
講義室406(72名)大阪大学法律相談部 法律相談 検討室
12/03
(土)
607(20名)大阪大学法律相談部 法律相談 相談室
12/03
(土)
講義室301(75名)第9回 適塾講座第9回適塾講座
歴史のなかの適塾
私たちは適塾から何を学び、どう語ってきたか

第3講座
適塾の歴史的評価について―地方出身門人の活動から
青木 歳幸
佐賀大学地域学歴史文化研究センター特命教授


◆お問合せ先:
〒560−0043大阪府豊中市待兼山町1−13
大阪大学会館内大阪大学適塾記念センター
TEL: 06-6850-5016
FAX: 06-6850-5015
E-Mail: kinenkai@tekijyuku.osaka-u.ac.jp
◆詳細はホームページをご覧ください。 URL:
http://www.tekijuku.osaka-u.ac.jp/
12/04
(日)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名)ヤング公開スクール大阪’16
12/04
(日)
608(20名)元気会・P-Woman合同勉強会
12/04
(日)
講義室301(75名)全国大学ビブリオバトル2016 京都決戦(関西Aブロック)全国大学ビブリオバトル2016
〜京都決戦〜

14:00〜
1、関西Aブロック予選会

15:30〜
2、関西Aブロック地区決戦

◆主催:天満ビブリオバトル
◆申込・詳細はHPをご覧ください。
全国大学ビブリオバトル2016 京都決戦ページ
12/04
(日)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名)第13回 こどものための歌とことばのお楽しみ会第13回 こどものための歌とことばのお楽しみ会

♪プログラム
☆古郷 幹彦先生のおはなし
☆おうたとことばあそび
♬うたのおねぇさんとおおきなこえでげんきにおうたをうたいましょう。

〜就学前までのお子様を対象といたします〜
当日参加されるお子さんは、多少汚れても
問題のない動きやすい服装でお越し下さい。

♪入場無料
♪要予約!! 先着60 組さま。 聴講を希望される方もご連絡下さい。
♪ご予約連絡先
пF06-6879-5111(代表)
口腔外科学第一教室 医局まで
♪主催:大阪大学大学院歯学研究科口腔外科学第一教室(言語治療担当:顎口腔機能治療部 杉山 千尋)
♪協力:株式会社リミックス
♪KOTOBAKIREI H.P.:http://www.kotobakirei.jp/
♪メルマガ登録:http://www.kotobakirei.jp/services/
12/05
(月)
講義室405(36名)みどり《適塾》 第2回ディスカッションみどり《適塾》
大阪大学のルーツとしての「適塾」文化と「みどり」テクノロジーの融合
第2回 デザイン思考勉強会

・概要説明:
前回のサマリーならびに今回の狙い
永井 健治 塾頭
(大阪大学 産業科学研究所 教授)

・話題提供:
「カルタヘナ法について: 遺伝子組換え体の社会普及が抱える課題」
話題提供者:
岩野 恵
(大阪大学 産業科学研究所 特任助教)

・FGD(Focus Group Discussion)
「第1 回目に導き出されたアイデア(シーズ) を実現するため、どのようにカタルヘナ法に関わる問題を切り抜けるか?」
( 一般の人々による誤解をどのように乗り越えることが可能か?)
・各グループによる発表、相互による提示された課題解決法の講評
・各グループから導き出された課題解決法の共通項を見出す共同検討作業
・第3 回目に向けた宿題提示、課題整理
・付近のエリアで交流会

◆主催: みどり《適塾》会
◆協力: 大阪大学産業科学研究所・( 一財) 大阪大学産業科学研究協会・( 一社) テラプロジェクト
◆参加費: 3000 円
◆申し込み先:
みどり《適塾》会事務局
加藤久明( 大阪大学産業科学研究所 産学連携室 特任助教)
E-mail : hisaaki@sanken.osaka-u.ac.jp
FAX : 06-6879-8448
◆詳細はホームページをご覧ください。
http://www.sanken.osaka-u.ac.jp/RAIS/business/b2/b2-2/midori.html
12/06
(火)
講義室507(72名)日本鉄鋼協会トライボロジーフォーラム研究会
12/07
(水)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名)共同研究講座シンポジウム
12/08
(木)
講義室507(72名) 他The Second Asia-Pacific Conference on Security and International Relations 2016
12/09
(金)
講義室507(72名) 他The Second Asia-Pacific Conference on Security and International Relations 2016
12/09
(金)
608(20名)バーチャル産学連携セミナー(企業研究開発部門・産学連携実務者・アカデミア研究者・学生・院生向け) 
バーチャル産学連携セミナー
〜アカデミア研究成果の読み取り(用途可能性・知財化)から特許調査、コスト計算等まで〜

講師: 前田 裕司:
千寿知財企画 代表
日本ライセンス協会 産官学連携活用ワーキンググループ・リーダー
元 大阪大学・FIRST 審良プロジェクト知財戦略コーディネーター(特任教授))
元 山形大学・大学連携推進室、知財コーディネータ(教授)
元 広島大学 産学連携推進センター、知的財産部門、知的財産マネジャー
元 呉羽化学工業(現クレハ) 研究開発部門(30 年)、知財部門(8 年)

【講義】産学連携の基本
1) イノベーション(日本では技術革新と訳してしまった) を勘違いしていないか?
2) 企業研究者とアカデミア研究者との違い(アカデミア研究成果の知財と企業知財の違い)
3) 企業研究の進め方と産学連携の違い(研究開発のステージアップごとの投資費用対効果の判断)
4) シーズから研究開発とニーズからの研究開発(研究テーマ探し方、IoT 等?)
5) 産学連携の方法(社内ベンチャー、中小企業と
6) コスト計算(固定費、比例比、減価償却(損益分岐線/儲かる・儲からない判断)
7) 市場可能性(用途) 調査
8) 先行特許技術調査方法(特許情報プラットフォーム)

【グループワーク1】
1) 4 人づつのグループに分かれて議事進行係、記録係、発表係、タイムキーパー等役割を決める
2) 予め自分が選んだ技術(大学知財) について各自が、何故それを選んだかについて説明
3) 用途、投資費用対効果等の観点から一つのテーマに決定する
4) 決定したテーマについて先行技術調査を行う
5) 製品(又はサービス提供) のコスト計算⇒損益分岐性の作成
6) 市場との比較で儲かるストーリーのための目標製品価格、目標販売数量の算出
7) グループごとの発表、議論(なお、議論するテーマは参加者から持ち寄り、ない場合には事務局が用意します)

◆定員: 16名(定員になり次第締め切り)
◆参加費: 5000 円/ 一人(大学院生、学生は半額)
◆申込期限: 2016 年12 月5 日
◆参加申し込み&お問い合わせ:   お名前、ご所属(専門分野も)、連絡先(e-mail、FAX)、ご質問・要望事項 
Fax から: 04-7148-1400 (千寿知財企画)
e-mail から: maedy023@vivid.ocn.ne.jp
Web から:
千寿知財企画HP
12/09
(金)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名) 他関西安全保障セミナー第9回 関西安全保障セミナー2016
米新政権と日米同盟

開会の挨拶 星野 俊也 氏(大阪大学教授)
基調講演 「米新政権と日米同盟」
徳地 秀士 氏
(政策研究大学院大学政策研究院シニアフェロー/前 防衛省 防衛審議官)

パネル発表
司会 星野 俊也 氏(大阪大学教授)   
パネル 
浅野 亮 氏(同志社大学教授)
木村 幹 氏(神戸大学教授)
徳地 秀士 氏
(政策研究大学院大学政策研究院シニアフェロー/前 防衛省 防衛審議官)

閉会の挨拶
西原 正 氏
(一般財団法人 平和・安全保障研究所理事長)

※懇親会 9 階 交流サロン 17:30 〜 19:00 
(会費 一般2,000 円、 学生1,000 円 当日、受付にて申し受けます)

◆セミナー参加費: 無料
◆懇親会費: 一般2,000 円、 学生1,000 円
◆申込期限: 2016 年12 月5 日(月)
◆申込方法: 一般財団法人 平和安全保障研究所HP 第9 回関西安全保障セミナーの申込フォームよりお申し込みください。
◆お問合せ: 一般財団法人 平和安全保障研究所 第9 回関西安全保障セミナー受付担当
【TEL】03-3560-3288
【FAX】03-3560-3289
◆詳細・お申込フォームはHP をご覧ください。  
http://www.rips.or.jp/events/kansai_seminar/pg1570.html
12/09
(金)
講義室304(102名)新しいモンゴル総領事との懇談会(2)
12/09
(金)
608(20名)理工系のキャリアデザイン・就活セミナー(企業で研究開発。知財部門で仕事を希望している理工系の学生・院生、転職を考えている若年者向け)
理工系(専門系)のキャリアデザイン・就活セミナー

講師: 前田 裕司:
千寿知財企画 代表
●ジョブカフェちば・キャリアカウンセラー(個別相談、応募書類チェック、面接練習、適職診断)
●キャリアコンサルタント(国家資格)
●日本キャリア開発協会認定・キャリアデベロップメントアドバイザー
●化学工業で研究開発部門(30年)・知財部門(8年)。その後、大学知財・産学連携に従事部門(8年)。
その後、大学知財・産学連携に従事

【講義】 
1) 理工系の人は専門分野を究めれば良いと思っているのでは?
2) 波瀾千丈の人生も面白い
3) 企業研究方法
4) 求人票の見方
5) 応募書類の書き方
6) 面接対策
7) 適職診断
(参加される方には質問票をお送りします。こちらで労働政策・研修機構が開発した適職診断システムに入力して、職業興味評価プロファイルと日常生活行動志向性のプロファイルを打ち出して結果をお返しします/ なお、こちらを受けたい方は予め参加費を振込んでいただきます)
【個別相談】
(一人10 分、先着3 名まで、予め相談内容をご連絡ください)

◆定員: 16名(定員になり次第締め切り)
◆参加費: 1000 円/ 一人
◆申込期限: 2016 年12 月5 日
◆参加申し込み&お問い合わせ:
お名前、ご所属(専門分野も)、連絡先(e-mail、FAX)、ご質問・要望事項
Fax から: 04-7148-1400 (千寿知財企画)
e-mail から: maedy023@vivid.ocn.ne.jp
12/10
(土)
講義室507(72名)Cell Exerciseにおける力学とバイオの統合市民講座(仮)
12/10
(土)
講義室304(102名)Handai-Asahi中之島塾Handai-Asahi 中之島塾

米国新政権と日米同盟の将来

講師:坂元一哉
(大阪大学大学院法学研究科・教授)

◆お問合せ:
朝日カルチャーセンター
Tel:06-6222-5224
詳細はこちら
http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/handai-asahi
12/10
(土)
607(20名) 他「ジャワ語文献にみるジャワのイスラーム化再考」研究会
12/10
(土)
講義室404(36名)ソーシャルイノベーション連続セミナー Food Crisis, Global Health, and Social Innovation
12/10
(土)
講義室702(60名)大阪大学法律相談部 法律相談 検討室
12/10
(土)
607(20名)大阪大学法律相談部 法律相談 相談室
12/11
(日)
講義室703(105名)KSCC統合的心理療法セミナー
12/11
(日)
9F 会議室1(16名)大阪大学法学部同窓会 青雲塾
12/11
(日)
講義室201(54名)与謝野みらい町民大学(仮称)ワークショップ
12/12
(月)
605(8名)NPO法人リハビリテーション支援塾・おおさか 定例会議
12/14
(水)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名)ナカノシマ大学寄席第1回 「落語ワールドの言葉遣い」ナカノシマ大学寄席 第1回
落語ワールドの言葉遣い
ー役割語の働きー

落語
「ナイモンガイ」 林家花丸
「MOMO」 桂三四郎
講演
「役割語」
金水 敏
(大阪大学大学院文学研究科教授)
司会
高島 幸次
(大阪大学招聘教授)

◆受講料: 2,500 円
◆定員: 180 名 (先着順、要事前申込)
◆申込方法: 必要事項(お名前・住所・電話番号・人数・講座名) を明記の上、下記の宛先まではがき又はFAXでお送りください。
(複数名で参加ご希望の場合は、人数分の必要事項を明記してください。)
〒530-0004 大阪市北区堂島浜2-1-29 古河大阪ビル4 階
「ナカノシマ大学寄席 第1 回」受付係
FAX 06-4799-1341
◆詳細・お問合せ:
ナカノシマ大学事務局
TEL 06-4799-1340
FAX 06-4799-1341
URL:
http://nakanoshima-univ.com/
12/14
(水)
9F 会議室1(16名)歴史街道推進協議会日本文化体感プログラム会議
12/17
(土)
講義室702(60名)SAAJ近畿支部定例研究会
12/17
(土)
講義室406(72名)大阪大学法律相談部 法律相談 検討室
12/17
(土)
9F 会議室2(16名) 他大阪大学法律相談部 法律相談 相談室
12/17
(土)
講義室304(102名) 他兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科 学生研究発表会
12/18
(日)
講義室303(42名) 他〈具体〉再考(仮称)シンポジウム
〈具体〉再考
第1回1950年代の前衛グループ

瑛九とデモクラート美術家協会
安來 正博(国立国際美術館 主任研究員)

「実験工房」と「制作者懇談会」
ー東京・戦後アヴァンギャルド芸術の展開からー
佐藤 玲子(川崎市岡本太郎美術館 学芸員)

0 会の活動
加藤 瑞穂(大阪大学総合学術博物館 招へい准教授)

◆主催: 大阪大学総合学術博物館
◆定員: 80 名   聴講無料  事前申込不要
(当日先着順、開場13:30 より)
◆お問い合わせ: 大阪大学総合学術博物館
TEL : 06−6850−6715
URL :
http://www.museum.osaka-u.ac.jp/
12/18
(日)
9F 会議室2(16名) 他第56回 大阪母性衛生学会学術集会・研修会
12/18
(日)
607(20名)南アジア研究会(関西)
12/18
(日)
講義室304(102名) 他兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科 学生研究発表会
12/19
(月)
607(20名)関西平和・安全保障フォーラム研究会
12/19
(月)
講義室507(72名)知財総合支援窓口事業 第2回連携会議(大阪)
12/22
(木)
607(20名)まちみちコミュニケーション研究会
12/22
(木)
講義室702(60名)情報処理学会 連続セミナー 遠隔会場
12/23
(金)
講義室702(60名)第13回マウスガードカンファレンス
12/26
(月)
10F 佐治敬三メモリアルホール(192名)適塾記念講演会平成28年度
大阪大学適塾記念講演会

【講演1】
「ローカル/ナショナル/グローバルの往復運動
―南スーダンの人類学的研究から見えてきたこと」
栗本英世
(大阪大学大学院人間科学研究科教授)

【講演2】
「豊かな現代社会を支える有機合成化学の進化」
三浦雅博
(大阪大学大学院工学研究科教授(大阪大学特別教授))

◆入場:無料
◆定員:190名(先着順・要申込)
◆申込方法:
・WEB:申込フォーム より
・FAX:06-6850-5015
(以下の内容をご記入の上、送信ください)
氏名(フリガナ)、住所、電話番号、FAX番号、
E-mail アドレス

※WEB、FAXからお申込みいただけない場合は、FAX申込と同様の内容をご記入の上、
sympo-info@tekijuku.osaka-u.ac.jpまで送信ください。

◆お問合せ:適塾記念会事務局
住所:〒560-0043 豊中市待兼山町1-13
(大阪大学会館内 大阪大学適塾記念センター)
電話:06-6850-5016
FAX:06-6850-5015
E-Mail:sympo-info@tekijuku.osaka-u.ac.jp
URL:
http://www.tekijuku.osaka-u.ac.jp
トップページへ ページの先頭へ戻る
Copyrightc2005 Osaka University Nakanoshima Center All Rights Resereved.